育児中 ファンデーション

MENU

育児中のメイクはどんなファンデーションがいい?

育児中,ファンデーション

 

育児中のメイクってどんなメイクをしたらいいのか迷うことってありませんか?

 

赤ちゃんが少しずつ大きくなってくると予防接種や児童館、公園、普段のお買いものなどが赤ちゃんと一緒に外出する機会が多くなってきますよね。

 

忙しいとついつい「ちょっとそこまでだから」と、スッピンで外出しがちですが紫外線防止のために日焼け止めはかならず塗ってから外出しましょう!

 

独身の頃はバッチリとフルメイクしていましたが赤ちゃんがいるとそこまで自分の時間がとれません。まして独身時代のシッカリメイクをしていると公園デビューのときなど他のママさんたちに引かれる可能性があります。ママのメイクはあくまでも素肌感のある自然なナチュラルメイクのほうがウケがいいですよ。

 

コテコテのつけまやアイライン、カラコンなども要注意です。ママさんたちの第一印象は特に大事なので最初は「ちょっと地味かな?」くらいのほうがいいですね。

 

育児中のママメイクのまとめ

育児中,ファンデーション

日焼け止めは必須!
厚塗り厳禁!ナチュラルで素肌感のあるベースメイク
つけま・カラコンNG。清潔感あるメイク

 

それから赤ちゃんが触っても安全なファンデを使うこと。

 

ミネラルファンデーションなら抱っこや頬ずりしても安心。キレイなママでいたいですよね。

関連ページ

【サラフェは安全?】口コミ通り顔汗止まる?実際に使ってみた感想
ダラダラと不快な顔汗をピタッと止めると口コミで人気のサラフェ。実際に顔汗がほんとに止まるか実際に使って試して見ました。
育児ママの時短メイクはファンデーションで決まる
忙しい育児ママの時短メイク。カギはファンデーションにあります!時短メイクのポイントを紹介しますね。
粉浮きしないファンデーションが欲しい!
産後のゆらぎ肌は肌荒れしがちでファンデが粉浮きしがち。粉浮きしないファンデの塗り方のコツと粉浮きしないファンデを紹介します。
色黒・地黒のファンデーション選びのポイント
ブロンズ肌。小麦色と呼び名はいいけど肌の色が黒いとファンデ選びに一苦労。色黒肌のファンデ選びのポイントを紹介します。
出産・入院中でも使えるファンデーション
出産してからの入院中、赤ちゃんを見にお見舞いに来てくれるお客様も意外と多かったです。赤ちゃんと写真を取る機会も多いのでスッピンだと恥ずかしいかも。
白浮きしないファンデーションの選び方
自分ではなかなか気づきにくいファンデの白浮き。写真やプリクラをとって初めて気づくときも多いのでは?白浮きを防ぐファンデの選び方を紹介します(*´▽`*)
吹き出物が出来ちゃった時使えるファンデーション
ストレスや寝不足で肌の調子が悪い。でもメイクでなんとか隠したい。そんなとき使えるファンデーションを紹介します。