赤ちゃんの安心安全日焼け止めクリームはどれがいい?SPFや虫除け入りも!

MENU

赤ちゃんの安心安全日焼け止めクリームはどれがいい?SPFや虫除け入りも!

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。ですが外での公園遊びやお出かけなど紫外線による日焼けが気になりますよね。

 

赤ちゃんが塗っても肌に優しい安心・安全なおすすめ日焼け止めクリームの選び方や正しい塗り方・落とし方を紹介します。

そもそも赤ちゃんや子供に日焼け止めクリームは必要なの?

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

昔は「子供は外で遊びなさい!」なんて言われ夏の日差しが暑い日でも何も塗らず外で遊んだものです。

 

ですがオゾン層の破壊が進んでいる近年、日光浴をしてビタミンDを作ることよりも紫外線を浴びて身体に害をなす危険性のほうが高く言われています。

 

「でも、赤ちゃんに日焼け止めクリームを塗るなんて体に悪そう…」

 

と心配になるママもいますが、子供の頃から紫外線を浴び続けた肌はシミや乾燥だけでなく病気にもつながる可能性があります。

 

環境省でも子供向けに紫外線環境保健マニュアルを配布し、子供の紫外線防止を呼び掛けています。

 

夏休みが終わって真っ黒になった肌の子は今は昔。現代ではしっかりと日焼け止めクリームを塗り紫外線対策をしてお肌を守る時代なんです。

赤ちゃんに安心安全な日焼け止めクリームの選び方3つのポイント

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

デリケートな赤ちゃんや子供のお肌にも使える日焼け止めクリームはどんな日焼け止めを選べばいいのでしょうか?3つのポイントにまとめてみました。

お湯や石鹸で落とせる

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

普段使っている石鹸やお湯で落とせる日焼け止めクリームは赤ちゃんや子供にもとても便利。

 

肌に負担がかからず優しく軽い使い心地の日焼け止めクリームがおおいです。

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)

日焼け止めクリームの日焼け止め成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の主に2つの種類があります。

  • 紫外線散乱剤はお肌に当たった紫外線を物理的に跳ね返すタイプの日焼け止め。酸化チタンなどをお肌に優しい天然な成分使用しています。
  • 紫外線吸収剤は化学成分によってお肌に紫外線を防ぐ力を強力にバリアしてくれます。ウォータープルーフ、SPFの高い日焼け止めクリームに使われていることが多いです。
オーガニック・無添加など低刺激

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

オーガニック100%や無添加処方などデリケートな赤ちゃんや子供にも使えて原料が安全性の高い、日焼け止めクリームを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんはいつから何カ月から日焼け止めを使える?SPFは?

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

生まれたばかりの赤ちゃんはほぼ外出をすることはありませんので必要ないでしょう(生後1ヵ月くらいは赤ちゃんの免疫機能もまだ完成していませんので外出を控えるのが通常です)

 

お出かけやお散歩が徐々に増えてくる月齢3ヵ月〜6ヵ月頃から使い始めるママさんが多いです。

 

赤ちゃんに使う日焼け止めはベビー用を選び、月齢がいつから使えるのか商品説明書をチェックしてから使うようにしましょう。

赤ちゃんに使う日焼け止めクリームのSPFは?

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

赤ちゃんに使う日焼け止めクリームのSPFはお肌に刺激の少ないSPF15〜30、PAはPA+〜++程度で充分です。

 

SPFの高い日焼け止めはお肌に刺激が強すぎます。肌トラブルの元になりますのでなるべくお肌に優しい日焼け止めを使い、日焼けが気になったり汗で落ちてしまう場合はマメに塗りなおすように気をつけましょう。

赤ちゃんの日焼け止めクリームの塗り方・落とし方

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

液体タイプの日焼け止めの場合は容器をよく振って日焼け止めを混ぜます。

 

ママの手のひらに適量を取り日焼け止めを広げ、顔に塗る場合中心から外に向かって丁寧に日焼け止めをなじませてください(目や口の周りは塗らないように)

 

日差しが強い場合は重ねづけしてもOKです。

 

髪の生え際や小鼻の横、首などは塗り忘れてしまいがちなので忘れずに塗ってあげてくださいね。

 

腕や足に塗る場合は顔と同じように手のひらにとり軽く混ぜ合わせてから両手を滑らせて優しく塗っていきます。赤ちゃんの手を握るように塗るとまんべんなく塗ることが出来ますよ。

【ピンチ】赤ちゃんが日焼け止めクリームを舐めちゃった!!

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

赤ちゃんが日焼け止めを塗った体を指しゃぶりや手に付けた日焼け止めを少量舐めてしまったり一口飲んでしまった!!

 

そんなときはまずは慌てずに舐めてしまった赤ちゃんの手や口を拭いてあげましょう。手に付いた日焼け止めを舐めてしまった程度なら経過関節し、異変を感じたら小児科を受診します。

 

公益財団法人 日本中毒情報センターによると日焼け止めによる誤飲では下記の症状が出てしまう可能性があるそうです。

下痢嘔吐・嘔吐・腹痛・めまい・ 痙攣・発熱・出血・過呼吸

参考:公益財団法人 日本中毒情報センター「日焼け止めクリーム」

 

指しゃぶり程度なら大きな問題はありませんがテーブルに置いてあった日焼け止めクリームを食べてしまった!など口に入れてしまった容量が多い場合はすぐ病院へ!

 

病院へ行ったらいいのか判断に迷う場合は誤飲した時の電話相談窓口【中毒110番・電話サービス】

・大阪中毒110番 (365日、24時間対応)
072-727-2499
・つくば中毒110番 (365日、9時?21時対応)
029-852-9999

に相談してみてください。

 

誤飲意外にも1才未満の赤ちゃんや乳幼児、小学生の子供は熱中症の危険もあります。強い紫外線が降り注ぐ時間帯の長時間の外出、外遊びは避けるように注意しましょう。

ドラッグストアでも買えるものも!赤ちゃんおにすすめ日焼け止めクリーム

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

赤ちゃんから使えるおすすめの日焼け止めクリームを紹介します。石けんで落とせる・低刺激の日焼け止めを集めてみました。

資生堂ドゥーエベビー UVプロテクトミルク SPF20・PA++

 

赤ちゃんから使える肌が白くならない日焼け止め。紫外線吸収剤無添加のノンケミカル処方です。

 

普段の石けんで簡単に落とすことが出来ます。

ママ&キッズUVライトベール SPF23 PA++

 

赤ちゃんから使える日焼け止め。

 

カプセルインUVシールド処方で紫外線吸収剤が直接肌に触れない安心の設計です。

アトピタ保湿UVクリーム SPF29 PA++

 

新生児から使える日焼け止め。顔・体両方使えます。

 

ウォーターベースだから肌に馴染みやすくてベタベタ感がありません。うるおい補給成分も配合。

【ニベア】プロテクトウォータージェルこども用 SPF28

 

白残りしないジェルタイプ。ヒアルロン酸と天然ユーカリエキスのうるおい成分を配合しています。

【ピジョン】UVベビーミルク・ウォータープルーフ SPF50+ PA++++

有機系紫外線吸収剤不使用、無着色・無香料。新生児から使える日焼け止めです。

 

SPF50でウォータープルーフだから赤ちゃんの海やプール遊びなどにおすすめ。

ベビーアネッサ パーフェクトUVマイルドミルク SPF50+ PA++++

無添加・無香料・無着色で赤ちゃんにも使える日焼け止め。肌に砂がつきにくい「サンドプルーフ」処方だから海での砂遊びにもぴったり。

 

ママの化粧下地にも使えます。

【花王】キュレルUVローション SPF50+ PA+++

セラミド機能成分、ユーカリエキス、アスナロエキスの保湿成分を配合。

 

セラミドケアでお肌を紫外線から守りながら肌の乾燥を防ぎます。

【和光堂】ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用 SPF21

 

WAKODOスキンケアシリーズは赤ちゃんの肌質を考えて作られた日焼け止め。溶性保湿成分(オリゴ糖・イノシトール)&うるおい脂質成分(リン脂質・セラミド)配合

 

毎日普段使い出来る「毎日のお散歩用シリーズ」とSPF35の「水遊びやレジャー用」があります。

アロベビー UV&アウトドアミスト SPF15 PA++

 

1本で日焼け止めと虫除けが出来る日焼け止めミスト。レモングラス・ローズマリーなど天然由来成分100%だから新生児から使用できます。

 

お湯だけで簡単に落とすことが出来るから簡単で安心!

赤ちゃんの安心安全日焼け止めクリームはどれがいいかのまとめ

赤ちゃんの日焼け止めクリーム

 

赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。表皮の厚さは大人の約1/.3とも言われています。

 

赤ちゃんのために選びたい日焼け止めは

  1. お湯や石けんで簡単に落ちる
  2. ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)
  3. オーガニック・無添加

など肌に優しく安全な日焼け止めを使うようにしましょう。